読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心理学的ワークショップを組織でやるときに注意すべきこと

コミュニケーショントレーングやリーダーシップ開発、組織開発で、瞑想や深い内省を促すワークを取り入れる場合がある。

 

昔の感受性トレーニングなんかでは、色々事故も起こっているのでそれなりにリスクある。けど、うまく設計すれば、コミュニケーションの取り方や対人関係構築力、指導力なんかが劇的に向上することもあるので、それなりには各企業で取り入れられている。

 

最低限注意すべきこととしてはこんなのがあると思う。

  • ワークへの参加を拒否する権利を認める。
  • グループへシェアするのは自分の判断でシェアすることを強調する。

 

変な自己啓発セミナー紛いのワークショップだと、トラウマみたいのをシェアするのをファシリテータが強制したり、促したりすることがあるけど、そういうのははっきり言ってろくなもんじゃない。ファシリテータは出てきた時は受け止める必要あるけど、そうした上で、そういうセンシティブなコンテンツに過剰な重要性を持たせない方がいいと思う。